column

起業家コラム

レンタルオフィスのメリット・デメリット

最近都内を中心に増加しているレンタルオフィス。若い起業家や個人事業主だけではなく、短時間の作業スペースを望む多くの人が利用しているようです。ビジネスマンはどこに魅力を感じているのでしょうか。

レンタルオフィスとは

業務に必要なイス・机・執務空間・情報機器等を備えたオフィスを、自前で賃貸借契約を結んでビルオーナーなどから事務所を借りるよりも低いイニシャルコストで借りる事ができる貸事務所のことです。

レンタルオフィスのメリット

①立地がいい

レンタルオフィスは基本的に都心の一等地にあります。起業した時から良い環境で仕事をすることができます。

②貸事務所を借りるよりも初期費用を軽減できる

保証金、備品(デスクやオフィス用品など)購入費を節約することができます。

③事業拡大or縮小に沿って事務所のサイズを変更できる

レンタルオフィスは、個人使用の小さいサイズから、少し広いタイプまでさまざまです。

④法人口座の開設が比較的容易

バーチャルオフィスと比べて、法人口座開設は厳しくないでしょう。

⑤ほかの起業家と情報交換ができる

共用スペースでのコミュニケーションのほか、交流会が開かれることもあります。新たなビジネスチャンスの可能性も秘めています。

レンタルオフィスのデメリット

①料金が割高になる場合もある

レンタルオフィスはオプションのサービスが細分化されていて、追加料金がかかることが多いです。サービス内容と料金システムを事前把握しておかないと、貸事務所とあまり変わらない出費になることがあります。

②プライバシー

レンタルオフィスには、隣の人とのスペースが安価なパーテーションのところもあります。
話し声が丸聞こえになってしまうと集中しにくかったり、情報管理が難しかったりします。

個人が安く都心にオフィスを持てるというのがレンタルオフィスです。最近では「電話代行」「荷物受取り」「不在時の受付対応」など、通常のオフィスと同様のことを代行してくれるサービスも充実しています。いくつかのデメリットがありますが、自分のスタイルとレンタルオフィスの特徴をとらえ、メリットが上回る場合は積極的に利用すると良いと思います。

Copyright © 2017 市ヶ谷のコワーキングスペース|WAVE市ヶ谷 All Rights Reserved.