column

起業家コラム

今日から始める!起業のためのレンタルオフィス活用法

近年耳にすることが増えたレンタルオフィス。
起業する際にはこのレンタルオフィスの利用を検討することをオススメします。
うまく利用することで、起業の大きな力になってくれます。
今回は、起業する際のレンタルオフィスの活用法をご紹介します。

レンタルオフィスとは

レンタルオフィスとは、業務に必要なイス・机・コピー機・WIFI環境などを備えたオフィスを、自前で賃貸借契約を結んで借りるよりも低いイニシャルコストで借りる事ができる貸事務所です。
それぞれのレンタルオフィスにより、様々な契約、利用方法がありますので、利用者それぞれに合った使い方で契約することができます。
特に起業時のオフィスとして人気があります。

レンタルオフィスのメリット

①立地が良い

レンタルオフィスは都心の一等地に建っている場合が多いです。
個人が起業する際には、なかなか手が出せないような一等地にオフィスを構えることが可能です。
起業初期からビジネスに適した環境でスタートすることは、大きなメリットといえます。

②初期費用の削減ができる

自前でオフィスを契約する場合には、初期費用として多額な資金が必要になります。
保証金だけでも数十万円~数百万円が必要になりますが、レンタルオフィスであれば保証料は格安です。レンタルオフィスによっては、初期費用無料は10万円以下といったところもあります。
さらには、ほとんどのレンタルオフィスには、コピー機やwifiが完備されているため、コピー機リース料やwifi通信料の削減もできます。
独自にコピー機のリースを行った場合、起業した途端にリース債務として数百万円の負債を負うことになります。こういったリスクを減らすことは、起業の重要なポイントです。

③会議室などを利用することができる

レンタルオフィスには、利用者が仕事をするスペース以外に会議室を完備しているところも多くあります。
利用料金はレンタルオフィスによって異なりますが、レンタルオフィスの会員であれば格安で会議室の利用ができるなどの特典を設けていることもあります。
取引先との打ち合わせを、近所のカフェで行っているといった方は、こういった会議室を利用するだけでも経費削減や取引先からの信用UP繋がることでしょう。

④レンタルオフィスの交流会を活用

レンタルオフィスの中には、活発に交流会を開催しているところもあります。
交流会の種類は様々ですが、レンタルオフィスの利用者のみの交流会なども行われており、仕事の人脈を広げることや、起業仲間を見つけることにも活用できます。
当然ながら交流会などは自由参加ですので、せっかくなら利用者同士の繋がりを大切にした交流会をたくさん開催しているレンタルオフィスがオススメです。

起業時のレンタルオフィス活用法

メインオフィスとして利用する
起業した際にどこをオフィスとするかは悩むところかと思います。
まずは、オフィスとしてレンタルオフィスを利用することを検討してみてはいかがでしょうか?

打ち合わせ場所として利用する

「自宅をオフィス代わりに利用するという方」や「やはりオフィスは自前で借りたいという方」は、会議室などを打ち合わせ場所と利用してみてはいかがでしょうか?
自宅に取引先を招くことはいろいろと気を遣うことも多くなります。
カフェよりも打ち合わせ環境の良い会議室を利用することで取引先からの信用も高まります。
結局カフェ代よりも会議室利用の方が安くつくといったメリットもあるかもしれません。

支店として利用

既にオフィスをお持ちで、支店を設けたい場合にもレンタルオフィスは有効です。
地方の会社が、東京進出する際に最初はレンタルオフィスを利用するといった事例も多くあります。
都心の一等地に支店をつくることができる、家賃削減といったところで大きなメリットがあります。

まとめ

レンタルオフィスの一番の特徴は、その人に合わせた利用ができるということです。
起業する際には、自分のスタイルに合ったレンタルオフィスを利用することで成功に大きく近づくことができるのではないでしょうか。
ぜひ皆さまもご自分に合ったレンタルオフィスを探してみてください!

Copyright © 2017 市ヶ谷のコワーキングスペース|WAVE市ヶ谷 All Rights Reserved.