column

起業家コラム

バーチャルオフィスって何?メリットとデメリットを調べてみた!

バーチャルオフィスとは

バーチャルオフィスとは、会社設立などにあたって必要な住所や電話番号などを借りることができるオフィスです。
レンタルオフィスとは違い、事務所として仕事をする場所を借りるのではなく、あくまでも住所などのみを利用するものになります。
「住所貸し」だけではなく、付随して必要となる「電話受付・転送」「FAX番号貸し」「郵便物受取代行」といったサービスも用意させています。

バーチャルオフィスのメリット

それでは、バーチャルオフィスを利用するメリットを見ていきましょう。

価格が安い

バーチャルオフィスのメリットは何といっても価格です。
賃貸借契約により事務所を借りる場合に比べて、はるかに安い価格で住所を利用することができます。月額の賃料の安さだけではなく、保証金や礼金などの初期費用がほとんどかからないことも魅力的です。
バーチャルオフィスは安いところであれば、月額5,000円程度で住所を借りることができます。それに追加オプションとして電話転送や郵便物受取代行などのサービスを選べる仕組みになっていることが多いでしょう。
今の時代、電話は自分の携帯電話だけで問題ないという方もいますから、自分に必要なサービスのみを選ぶことができる使い勝手の良さも大きなメリットです。

都市の一等地に住所を持つことができる

都心の一等地にもバーチャルオフィスが多く存在しています。
通常は高くて自分では手が出せない一等地でも、バーチャルオフィスであれば安く利用することができます。
バーチャルオフィスを利用して法人の登記をすることで、港区や千代田区といったネームバリューのある住所に、自分の会社を持つことができるのです。
会社の住所により取引先の信用が変わることも少なくありません。

バーチャルオフィスのデメリット

バーチャルオフィスを利用するデメリットも考えられます。利用を決断する前にデメリットもしっかりおさえておきましょう。

①許認可を受けることができない

バーチャルオフィスでは古物商や派遣業などの許認可を受けることができない可能性があります。起業にあたって許認可が必要は業種はもちろんですが、今後の展開として許認可を考えている場合は、事前に許認可に必要な要件を確認しておきましょう。

②法人銀行口座開設の審査が厳しい

バーチャルオフィスの場合は銀行での法人口座開設を断られるケースがあります。
ただ、バーチャルオフィスでは全くダメというわけではありません。
銀行は「信頼できる会社なのか」という点を確認しているため、バーチャルオフィスであってもしっかりと事業を行っている実態のある会社であることを示すことで、口座開設は可能になります。

③社会保険への加入時手続きが煩雑になる可能性

社会保険の加入についてもあ、銀行口座開設時と同じく会社や事業の詳細を確認される可能が考えられます。
ただ、しっかりと事業を行っている会社がバーチャルオフィスであるとの理由のみによに社会保険加入ができないことが考えずらいため、手続きが煩雑ななるかも程度のデメリットかと思われます。

④他社と住所が同じになる

バーチャルオフィスでは同じ住所に複数の会社が登記することになります。
そのため複数の会社の郵便物が届くことになるのですが、郵便物受取サービスを利用すれば、特に問題なく利用することはできるでしょう。
webなどで検索した際に同じ住所に複数の会社が表示されることから、バーチャルオフィスであることが他の人に分かってしまう可能性は考えられます。

起業する際には、バーチャルオフィスの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

Copyright © 2017 市ヶ谷のコワーキングスペース|WAVE市ヶ谷 All Rights Reserved.