column

起業家コラム

起業家が知っておくべき指標!ROE・ROAって何?

ビジネスでは、経営指標として「ROE」「ROA」といった用語を見ることがあります。

これらはいずれも、企業の収益力を分析するための数値となります。

今回はこの「ROE」「ROA」という計算指標の計算方法や、決算書からどのように読み取るのか、またこれらの数値の関係性を解説していきます。

 

「ROE」・「ROA」の意味とは?

1.「ROE」とは、Return On Equityの略で、株主資本利益率を意味します。

ROE(%)=純利益÷株主資本(=自己資本)×100

この式は、株主資本に対して会社がどれだけの利益を生み出したかを表しています。

 

2.「ROA」とは、Return on total assetの略で、総資産利益率を意味します。

ROA(%)=当期純利益÷総資産×100

起業が総資本(借入金・株主資本)を効率的に運用しているかを意味します。

 

さて、これらの数値をどのように活用していけばよいのでしょうか。

 

どちらを重視すべき?

「ROE」「ROA」どちらも企業の収益性を示す2つの数字ですが、いったいどちらの数字をどのように活用していけば良いのでしょうか。

ここで分かりやすいように1つの例を使って考えてみましょう。

 

例)A社とB社2つの会社があります。

純利益 株主資本 ROE
A社 1,000,000 10,000,000 10%
B社 1,000,000 5,000,000 20%

 

上記のようになりますが、どちらも同じ1,000,000円の純利益ですが、ROEを見るとB社の方がROEが高いと評価できます。

これはつまり、B社の方が少ない元手で、効率的に利益をあげているといえます。

 

しかし、ROEが高い方が必ずしもよいとは限りません。ROEが高い要因にも着目しなければいけないのです。

ROEの数字のマジック!

ROEが高い方が良いとは限らない、という要因は・・・そもそも、ROEは業種などによって平均値が異なるからです。

一般的には、ネット関連企業などパソコンが1台あればできるような業種は大きな巨額の設備投資がいらないのでROEが高くなりがちです。

反対に、製造業など最初に大きな設備投資がかかる業種は、借入金が多くなるためその分、ROEが低くなりがちです。

 

さらに、それらを加味した上でもう1点、気をつけなければいけない点があります。

それは、株主資本が少ない(ROEが高い)=経営が危ない企業かもしれない、という点です。

 

これは、経営が苦しくなると銀行などからの借入金だけでは足りず、株主資本を削っていかざるを得なくなるということです。

先ほどの例の数値を利用して考えると、元々はA社のように10,000,000の株主資本があったとしても経営の悪化により、

株主資本を10,000,000円あった株主資本のうちの5,000,000円を使ってしまうとします。そうなると、自動的にROEは10%上がります。

このように、株主資本や借入金によって自己資本比率を下げることを財務レバレッジをかけるといいます。

ROEの数値はこの財務レバレッジをかけることで、ある程度操作することができる、

という大前提を知っているかいないかで見方が変わってきます。

 

「ROE」と「ROA」、何が違うの?

「ROE」だけでは、判断できない際に「ROA」と併用することで数値を読み取ることもできます。

「ROA」とは前述したように、当期純利益÷総資産で割り出すことができます。

「ROE」は、株主資本をいかに効率よく運用できているかを数値化したものですが、「ROA」は資金の出所は問わず、会社が保有している資産をどれだけ効率的に運用できているかということを指しています。

参考までに、ROAの数値の目安をご説明します。10%程度だと、「大変優良」5%前後だと「良い」、1~2%で「普通」とされます。

 

「ROE」と「ROA」の関係性

ROEとROAで違いはありますが、勿論深く関係しています。

実際に決算書等を読む場合にはどのように読んでいけば良いのでしょうか。

ここでは分かりやすく、パターンに分けてご説明致します。

 

  1. ROE・ROAどちらも高い会社

優良企業といえます。ROEが低い点から見て、ネット関連事業など巨額の設備投資を必要としない業種に多いパターンです。

 

  1. ROE・ROAどちらも低い会社

株主から預かった元の資本を効率的に活用できておらず、資産の回転率も低い会社です。

印刷業界など薄利多売の業種に多いかもしれません。

3.ROEが高く、ROAは低い会社

設備投資などが必要な業態に多いパターンです。

この場合は、借入金が多いことも考えられるので金利上昇や景気の悪化などによって経営が一気に傾くリスクがあるともいえますが、

全体的に見れば優良な資本集約的な会社に多い傾向です。

 

4.ROEが低く、ROAは高い会社

無借金経営の会社にありがちなパターンです。もちろん、借入金がないということで財務

の健全性は評価できていますが、株主資本を有効的に活用できていないともいえるかもしれません。

 

大きく分けるとこの4パターンに分かれますが、あくまでも目安なのでなぜそれぞれの数値が高いのか、低いのかを判別できることが重要です。

 

余談~なぜ今、「ROE」が注目されているのか~

ここからは余談になりますが、「ROE」「ROA」の他にも「PBR」や「PER」などの指標があります。

バブル以前の日本では、どちらかというと「PBR」などの数値が注目されていました。

しかし、バブルをきっかけに国内に海外投資家の影響が出てきたため、「ROE」「ROA」などの数値が重要視されるようになってきたのです。

アメリカなどでは、ROEが高い企業の方が株主資本を効率的に回しているとみなされ、高い評価を受け投資の対象として選ばれます。

自社の決算書をみるのではなく、個人で投資をする際にこれらの数値を見るときには、

「外国人投資家が好む高ROEの銘柄」は今後、株価が上がることが期待できますので、魅力的です。

前述のように高ROEの銘柄は、注意すべき点も多々ありますがそれらの銘柄をチェックすることで、

優良銘柄を見つけられるかもしれませんね。

Copyright © 2017 市ヶ谷のコワーキングスペース|WAVE市ヶ谷 All Rights Reserved.