column

起業家コラム

起業して損をしないために!起業したら必ず提出するべき青色申告とは?

青色申告とは

 

青色申告とは、事業所得、不動産所得、山林所得がある人で、日々の収入や経費などを正規簿記の原則に従った複式帳簿で行い、その帳簿に基づいて正しく所得税や税金を計算して申告する制度です。

青色申告をすると税法上多くの特典が受けられ、白色申告(通常の申告)に比べて税金が安くなります。その特典として、次の内容が挙げられます。

 

◆最高65万円の特別控除が受けられる

◆家族への給与が、要件を満たせば全額必要経費として計上できる

◆自宅をオフィスにすると、家賃や電気代の一部も経費にできる

◆赤字の場合、3年間繰り越すことが可能

 

ただ、すぐに誰でも青色申告ができるわけではなく、申告をしたい年の3月15日まで、もしくは1月16日以降に開業した方は2ヶ月以内に、「青色申告承認申請書」を税務署へ提出しなければなりません。相続によって引き継いだ方も、申請書の提出が必要となります。また、青色申告の申請が承認されると、複式簿記による帳簿作成と貸借対照表、損益計算書の提出が義務となります。もし帳簿付けなどハードルが高い!という方には、簡易な帳簿による記帳で最高10万円の特別控除の適用を受けることが可能です。10万円の特別控除の場合、簿記の知識が必要なく、出納帳の管理ができていれば受け入れられます。

 

 

青色申告に必要な記帳と帳簿等の保存期間

 

売上などの収入金額、仕入や経費に関する事項について、取引の年月日、売上先・仕入先その他相手方の名称、金額、日々の売上・仕入・経費の金額等を記帳します。記帳の流れについては、次のとおりです。

 

                                  (仕訳)     (元帳記入)         (決算)

 

 

※青色申告の10万円の特別控除の場合は、①現金出納帳、②買掛帳、③売掛帳、④固定資産台帳、⑤経費帳、の5種類の補助簿のみの簡易帳簿で記帳してもよいことになっています。

 

これら帳簿は、7年間保管(受け取った請求書・領収書などは5年間)はしなければなりません。

実際の節税効果を比較

 

国税庁ホームページに「事業(製造業)を営む国税太郎さん」という例があります。

こちらを見てみますと、事業利益(必要経費を差し引いた金額)が600万円の場合、通常の確定申告(白色申告)の場合、所得税、住民税、事業税の合計額は82万4,100円。

一方、青色申告65万特別控除を受けた場合、56万6,100円と、

その差額はなんと22万5,900円!

詳しくは国税庁の資料をごらんください

→ https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/shotoku/aoiro_shinkoku2015.pdf

 

 

まとめ

 

上記の通り、青色申告を選択することで、白色申告に比べて数万~数十万円の節税効果が期待されます。どちらの方法で申告をするか迷われている場合には、10万円特別控除になる青色申告を選択すればよいかと思います。承認申請をだすことくらいしか白色申告との違いがなく、青色申告の特典も受けられるためです。いったん青色申告を選択してやってみたところ会計処理が大変というときは、後から白色申告に戻すことも可能です。

 

提出が必要な書類の数や提出期限の面で負担は増えますが、ぜひとも一度、青色申告をされることをお勧めします。

 

Copyright © 2017 市ヶ谷のコワーキングスペース|WAVE市ヶ谷 All Rights Reserved.