column

起業家コラム

起業家が知っておくべき指標!労働分配率ってなに?

労働分配率とは

労働分配率とは、会社の利益(付加価値)に対する人件費の割合のことをさします。
会社が新たに生み出した価値のうちどれだけ人件費に分配されたかを示す指標のことです。

労働分配率は、生産性の分析や人件費の適正水準を把握、維持するために用いられます。

労働分配率は以下の算式によって求められます。
労働分配率(%)=人件費÷付加価値×100
※付加価値=売上総利益=売上額×利益率

人件費には給与・賞与・雑給・法定福利費・厚生費・退職金・役員報酬などが含まれます。

労働分配率は業種、事業規模やビジネスモデルによっても異なります。
たとえばサービス業などの労働集約型の業種は労働分配率が高い傾向にあります。
逆に機械化の進んだ製造業などの資本集約型(設備投資型)の業種は労働分配率が低い傾向にあります。

適正な労働分配率を見極めるためには業界の平均値を把握し、同業他社と比較することが大切です。

労働分配率が業界平均値より高いことが問題となるかどうかは、その会社の事業特性を考えて判断することも必要です。

労働分配率が業界平均から乖離している場合、または過年度と比較して労働分配率が大きく増減している場合などは、その変動要因が付加価値にあるのか人件費にあるのかなどを確認して改善する必要があります。

(リンク) 参考値 TKC財務指標

労働分配率は、景気がいいときは低くなり、不景気のときは高くなるといわれます。

労働分配率を低くする方法は人件費を削減するか付加価値を増加させるしかありません。
逆に人件費はそのままでも付加価値が減少したり、付加価値はそのままでも人件費が増加すれば、労働分配率は高くなります。

労働分配率が高いからといって人件費を下げれば従業員の士気を低下させる恐れがあります。

どの数値もそうですが、労働分配率もひとつの数値でしかありません。
大切なのは生産性をあげ、利益を向上させていくことが大切です。

Copyright © 2017 市ヶ谷のコワーキングスペース|WAVE市ヶ谷 All Rights Reserved.