column

起業家コラム

「会社の家計簿」キャッシュフロー計算書とは?

実際のお金の流れを「キャッシュフロー」といいます。期首にいくらのキャッシュがあって、期末にいくらのキャッシュが残っているかを示しているのがキッシュフロー計算書です。キャッシュがどうして増えたのか、どうして減ったのか、を教えてくれます。

キャッシュとは、現金及び現金同等物のことです。そもそも、商品やサービスの提供とその売上代金(キャッシュ)の回収には時間差があります。つまり、どんなにたくさんの売上をあげても、その回収に長い時間がかかって手元のキャッシュが増加しなければ、会社は商品の仕入代金を支払うために資金を借り入れなければならず、会社の資金繰りは苦しくなります。

キャッシュがフロー計算書からは、このような危険を読み取ることができるのです!

キャッシュフロー計算書を読み解こう

キャッシュフロー計算書は、3つの項目に分かれます。それぞれの項目を読み解くことで、会社が営業活動でどのくらいの資金を獲得し、その資金をどのように使ったのかを読み取ることができます。

A:営業活動によるキャッシュフロー
B:投資活動によるキャッシュフロー
C:財務活動によるキャッシュフロー

A:営業活動によるキャッシュフロー

本業による収入と支出の差額を表します。つまり、本業を行った結果、手元のお金がいくら増えたか(あるいは減ったか)が分かる項目です。この項目の金額がプラスの会社は、本業が順調に行われている証拠となります。逆にマイナスの会社は、本業で苦戦しており、現金不足で苦しんでいることが分かります。本業でどのくらいのキャッシュが生み出せるかが分かる、大切な項目となります。

B:投資活動によるキャッシュフロー

固定資産や株、債券などの獲得や売却をした時の金額の流れを表します。通常、営業活動を行
っていくためには、投資設備などの固定資産への投資が必要なため、優良企業はこの項目はマ
イナスであることが多いです(=お金を使って、投資している)。逆にプラスの場合は、会社が
持っている設備や株、債券などを打った金額が投資分を上回っていることを示しています。

C:財務活動によるキャッシュフロー

こちらのキャッシュフローでは、キャッシュの不足分をどう補ったのかを表します。株主に配
当を支払ったり、自社株買いをしたり、借金を返済した場合はマイナスになります。逆に、借
入金や社債などで資金調達すればプラスになります。
優良企業は、この項目はマイナスであることが多いのですが、経営難にもかかわらず記入期間
に返済を迫られてやむなくマイナスとなるところもあるようです。また、積極的に成長を目指
す企業は、借入金などの資金調達も多くなりがちで、プラスになることがあります。

具体的に、どんなキャッシュフローが存在するか見てみよう

簡単に3つのパターンに分けてみました。

①『優良企業系』ですが、営業キャッシュフローがしっかりプラスを出していて、その儲けから投資キャッシュフロー分のマイナスを補い、なおかつ借金返済など財務キャッシュフローのマイナスに当てていることがわかります。しっかり利益を上げているからこそ作られるキャッシュフロー計算書です。

②『積極投資系』ですが、会社が成長するためにふくれ上がった投資キャッシュフローのマイナスを、営業キャッシュフローのプラスと財務キャッシュフローのプラスで埋め合わせているのがわかります。優良企業系ほどの営業キャッシュフローがないので、財務キャッシュフローのプラスで資金調達を強いられています。

③『しんどい系』ですが、まず、営業キャッシュフローがマイナスです。これで本業が苦しいことがわかります。この本業の苦しさを、投資キャッシュフローのプラスと財務キャッシュフローのプラスで埋め合わせているのがわかります。手持ちの資産を現金化し、さらに資金調達もおこなっているという苦しさがうかがえます。

「キャッシュフロー計算書」のまとめ

キャッシュフロー計算書をみれば、会社のお金の動きから経営状態までをチェックすることができます。一件校長そうな企業でも、実態は資金不足…なんて会社も十分ありえます。このように、貸借対照表や損益計算書だけを見て企業を判断するのではなく、キャッシュフロー計算書もチェックすることをぜひ忘れないようにしましょう。

Copyright © 2017 市ヶ谷のコワーキングスペース|WAVE市ヶ谷 All Rights Reserved.