column

起業家コラム

今年からの新制度! セルフメディケーションって?

セルフメディケーションって?

医療とは、医師や病院での治療に限らず、慢性疾患の予防・治療や健康管理の維持も含まれます。社会のストレスが関与すると言われている生活習慣病や高齢化による退行性疾患、様々な疾患から守るのは、「自分で自身の健康を管理する」ことです。これがセルフメディケーションの概念といってよいでしょう。自分で健康を管理する、近年世界の先進国では、医療の主流はセフルメディケーションであると呼びかけています。

セルフメディケーション税制が始まります

国民のセフルメディケーションを推進するため、2017年1月1日より、「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」がはじまりました。これまでは年間の医療費合計が10万円を超えた場合、超えた額が所得から控除されて税金が還付・減額される「医療費控除」という制度がありましたが、比較的健康で医者にみてもらう機会が少ない方も少なくはないでしょう。そのような方でも、ちょっとした身体の不調などでスイッチOTC医薬品(市販薬)をよく利用されている方であれば、一定の条件を満たせば税金が還付・軽減されるのです。

スイッチOTC医薬品とは??

スイッチOTC医薬品とは、もともと医療用として使用されていた医薬品を有効成分や服用方法、用量が全く同じまま師範されている医薬品のことを指します。
例えば、イブプロフェンを含んだかぜ薬やインドメタシンを含んだシップ薬など、約1,500品目のOTC医薬品が厚生労働省のHPで掲載されているほか、パッケージにこの税制の対象であることを示す共通認識マークを掲載している場合もあります。

セルフメディケーションのロゴはこのようなものです

対象となる方は?

この税制を活用するためには、確定申告をする方が定期健康診断等を受けることが必要です。そのうえで、確定申告をする方や、そのご家族が購入した特定のOTC医薬品合計が、年間1万2千円を超えた場合、その年の所得金額から控除してもらえることになります(8万8千円が上限)。

例えば、年間15万円苑のOTC医薬品を購入すると、13万8千円が所得控除されます。所得税率20%(年間所得330万~695円)の方であれば、27,600円の所得税が減税される計算です(さらに住民税が10%(13,800円)減税されます)。

セルフメディケーションを図で説明しています

従来の医療費控除と併用できるの??

この制度は「医療費控除の特例」とある通り、医療費控除の一部であるため、従来の医療費控除制度とセフルメディケーション税制を同時に利用することはできません。従来通り10万円を超えた医療費の所得控除をうけるか、この「セフルメディケーション税制」で所得控除を受けるかは、申告者自らがどちらかを選択することになります。どちらの方が減税額が大きくなるかは、それぞれのご家庭によっても異なりますので、HPサイトの比較計算式等を参考にされるといいかもしれません。

スイッチOTC医薬品を買ったあとの流れ

①まず対象の医薬品を買った「レシートを取っておく」、これが一番大事です。

2017年から、ドラッグストア等のレシートには、スイッチスイッチOTC医薬品を購入した場合、それがわかるようにレシートに〇が印字されたり、前述した共通認識マークが掲載されているので、いちいち自分で調べる必要はありません。

②健康診断や予防接種を受けましょう。

これはセフルメディケーション税制を受けるための条件ですので、下記いずれかを受けている人が対象となります。
  ●特定健康検査(いわゆるメタボ健診)
  ●予防接種
  ●定期健康診断(事業主診断)
  ●健康診査

Copyright © 2017 市ヶ谷のコワーキングスペース|WAVE市ヶ谷 All Rights Reserved.