column

起業家コラム

サラリーマンと起業家の違い

今回は私が考えるサラリーマンと起業家の違いを書いてみました。

「サラリーマン」

・基本的には、基本内容の繰り返し
・上司の判断に基づいて作業が進む
・給料は毎月ほぼ安定

「起業家」

・毎日試行錯誤の繰り返し
・全ては自分の判断の選択による
・給料は実力次第

サラリーマンの場合は会社に守られていますが、起業家は当然全てが自分次第です。

起業家の5つの共通志向

①自信

自分を信じられるか?
今やっていることが失敗したとしても、次のステップにつながる。と、自分に対して信頼して行動していける自信を持つことが重要です。
他人や時代に期待するのではなく、自分自身に期待をしましょう。

②自己管理

スケジュール管理、体調管理など出来ているか?
すべきことは他人の管理ではありません。自分の管理です。
起業当初はやることが多く、毎日働きづ詰めになります。
体調を崩してしまうと給料も入ってきません。
スケジュール管理をしながら、体調も管理しましょう。

③全ては自分が源

失敗も成功も源は自分にあると考えられるか?
成功の要因は自分で生み出したと考えやすいが、失敗の要因は自分にあると考えにくいです。
どうしても、「相手のせい」「時代のせい」と考えたくなるのです。
自分がこう行動したから、相手もこんな行動をとったんだというように、まずは自分の言動から確認しましょう。

④自己評価

他者からの評価だけでなく、客観的に自分自身を見れているか?
自分が納得できる状況まで突き詰められているか、他社・他人ではなく昨日の自分と比較できているかを中心に評価しましょう。
自分への評価は、甘いも厳しいも基準がありません。成功することを目的に評価をしましょう。

⑤他者信頼

他者を信じて頼ることが出来るか?
人には得手不得手が必ずあります。自分が出来ないことを自分でするよりも、他者にお願い出来ることは頼ってしまった方が、より良い成果を得られます。
いざという時に頼れる仲間を作っておきましょう。
そして、自分が相手に出来ることは協力していきましょう。

行動がすべて

全ては自分次第。本やセミナーで知識だけを手に入れたとしても、行動しなければ経験にならず、その知識も無意味なものになります。
この5つの共通志向を意識しながら、日々行動に移していきましょう。

Copyright © 2017 市ヶ谷のコワーキングスペース|WAVE市ヶ谷 All Rights Reserved.