column

起業家コラム

マイナンバー制度について

マイナンバー制度について

マイナンバー制度の始まり

行政処理の上でみなさんは全て番号で管理されています。例えば「年金」、「健康保険」、「パスポート」、「税金」、「運転免許証」、「住民票」、「雇用保険」など、これらの管理番号はそれぞれの管轄期間でばらばらに管理されていました。これはいわゆる「縦割り行政」で、この管理方法では横の連携が全くとれていませんでした。それぞれの機関がデータ管理をしていることになりますので、それだけ保守費用もかかりますし、ひとつの情報の更新、変更・修正をしても、他のデータが瞬時に変わることはなく、データの間違いや漏えい等の問題も起こりやすかったのです。
そこで、国民は一人一つ、生涯変わらない自分専用の番号を持つことで、データを一元管理することを目的に、2016年にマイナンバー制度が始まりました。

マイナンバー制度のメリット

◆行政の効率化
◆国民の利便性の向上
◆公平・公正な社会の実現

マイナンバー制度導入により、行政機関や地方公共団体では、書類の確認作業の手間とコストが削減できるようになりました。また、社会保障では申請をする人は、多くの書類を準備しないといけませんでしたが、マイナンバー制度により申請者は行政手続きが簡素化され、負担が軽減されるようになりました。行政機関が持っている自分の情報を確認したり、行政機関から様々なサービスのお知らせを受け取ることもできます。また所得や他の行政サービスの受給状況を把握しやすくなるため、負担を不当に免れることや給付を不正に受け取ることの防止にもつながります。

マイナンバーが必要なのは、いつ?
マイナンバーは、社会保障・税・災害対策分野の中で、法令や地方公共団体の条例で定められた行政手続きにしか使えません。具体手には、下記のような分野があります。

①社会保障

・年金の資格取得や確認、給付
・雇用保険の資格取得や確認、給付
・雇用保険の給付請求
・福祉分野の給付、生活保護など

②税金

・税務当局に提出する確定申告書、届出書、調書などに記載

③災害対策

・災害者生活再建支援金の支給
・災害者台帳の作成事務など

その他、こんな場面でもあなたのマイナンバーを使います。
例えば…

マイナポータルってなに??

「マイナポータル」とは、マイナンバーとマイナンバーカードを使えば、あれもこれも日常の諸々がすごく便利になる、という壮大なプランです。交通系カードや、キャッシュカード、クレジットカード、スーパーなどのプリペイドカード、社員証、健康保険証、そしてあらゆる飲食店やショップの会員証・ポイントカード、などなど候補は切りがありませんが、今現在カードになっている多くのサービスをゆくゆくはこの一枚で済ます、というのが目標になっているようです。

総務省が公開しているロードマップによれば、

• 2017年以降 マイナンバーカードにキャッシュカード・クレジットカード機能付与
• 2017年5月以降? 日本年金機構での活用
• 2017年7月~ マイナポータル本格運用
• 2018年~ 預貯金口座にマイナンバー
• 2018年度~ 段階的にマイナンバーカードを健康保険証に
• 2019年の通常国会で、戸籍・旅券・在外邦人・証券を含むマイナンバー関連法の措置

などが進められていく予定ですが、システム自体のトラブルも発生したり、思惑通りには進んでいない面もあります。

どのくらいマイナンバーカードとマイナポータルが使われるようになるのかは、提供されるサービスの全体像がまだ見えないので、誰にもわかりません。すでにシステムのトラブルは複数回起こっていますので、安全性への不安をどう解決していくのかも課題だと思われます。しかしうまく機能していけば、将来、「介護」や「就職」、「コミュニティ活動」など、いろんな場面で便利になっていくことが期待されます。

Copyright © 2017 市ヶ谷のコワーキングスペース|WAVE市ヶ谷 All Rights Reserved.