column

起業家コラム

創業時に使える助成金をまとめてみた

そもそも助成金・補助金とは

事業実施のサポートのために、国や地方が給付するお金のこと。企業、民間団体、個人、自治体などの事業者の方々が交付を受けられます。融資と異なり返済不要のため、活用できれば大きなメリットがあります。

3つのポイント

①助成金・補助金ごとに目的と仕組みがあります。
いろんなジャンルで募集されています。助成金・補助金の目的をつかみ、自分の事業とマッチするものを見つけましょう。
②助成・補助を受けることができるのは事業全部又は一部の費用。
③補助の有無やその額については審査があります。
基本的に、助成金・補助金は後払い(精算払い)です。事業実施後に報告書等必要書類を提出して検査を受けた後、初めて受け取ることができます。

助成金と補助金の違い

助成金と補助金を明確に区別するのは難しいですが、大まかに2つの違いがあります。
①受給の難易度
 補助金よりも助成金の方が受給できる可能性が高い傾向にあります。
②申請期間
 助成金は長期間、随時申請の受付を行っていることが多く、補助金は申請期間が短い場    合が多いです。

起業家が活用できる助成金・補助金の種類は4つ!

①経済産業省系の補助金
 創業補助金…新たに操業する起業家や、第二創業を行う企業に対して、創業に関わる経               費の一部を助成してくれる制度。
 小規模事業者持続化補助金…経営計画人したがって実施する「販路開拓」等の取り組み に対して、50万円を上限に補助金(補助率2/3)が出る制度。補助金が出るだけでなく、計画作成時などに商工会議所の指導や助言を受けられるのもメリット。
 ものづくり補助金…ものづくりを行う中小企業・小規模事業者が対象。
②厚生労働省系の助成金
 経産省系の補助金と異なり、助成金ごとの要件を満たしていれば、審査員の審査で落とされることはありません。基本的には「雇用」に関連する助成金になります。トライアル雇用奨励金、非正規雇用労働者の企業内でのキャリアアップを促進するための「キャリアアップ助成金」」などがあります。
③自治体独自の助成金・補助金
 自治体によってさまざまなので、自身が起業する地域でどのような助成金・補助金があるかチェックしておくとよいでしょう。
④その他の助成金・補助金
 大手企業、政府系金融機関、各種財団などが、助成金や補助金制度を実施していることもあります。上記3種に比べて採択される人数は極めて少なくなりますが、自信があれば応募してみると大きなチャンスをつかむきっかけになるでしょう。

助成金・補助金の流れ

<知る>
 インターネットで自分の事業に合った補助金の情報をさがします。
 →中小企業庁サイト:「補助金公募案内」ページなど
<申請する>
 募集要項・申請書をダウンロードし、必要な内容を記入して事務局に提出します。
<決定する>
 選定結果を受け取り、補助金が交付される事業者に決定したら(採択されたら)「交付申請書」を事務局に提出します。
<事業の実施>
 途中で実施状況について事務局のチェックを受けます。
<補助金の交付>
 実際の事業内容やかかった経費を報告します。きちんと実施されたと確認されると補助を受けられる金額が確定し、補助金を受け取ることができます。

Copyright © 2017 市ヶ谷のコワーキングスペース|WAVE市ヶ谷 All Rights Reserved.