column

起業家コラム

来年から変わる!配偶者控除見直しについて

配偶者控除とは?

配偶者控除とは、配偶者(妻または夫)の合計所得金額38万円以下の場合、世帯主の所得から一定金額を控除することで所得税を軽減できる制度です。

配偶者控除の要件

配偶者控除を使うことのできる人は、その年の12月31日現在で以下の4つの要件すべてに当てはまる人が対象です。

1.民法の規定によるいわゆる配偶者であること(内縁関係の人は該当しません)
2.納税者と生計を一にしていること
3.年間の合計所得金額が「38万円以下」であること
(給与のみの場合は給与収入が103万円以下)。
4.青色申告者の事業専従者として1年間一度も給与の支払を受けていない、白色申告者の事業専従者でない  (例えば個人事業主の夫などから給料を受けている妻のことなどです)

103万円の壁

  配偶者の年収が103万円以下であれば、給与所得控除65万円控除できるので実質所得が
38万円以下になります。
例えば、夫の1年間の所得が500万円で税金が1割だとします。この場合ですと、夫の税金は50万円。
しかし、妻の収入が103万円以下の場合は配偶者控除が受けられ、夫の年収から38万円が控除されるので、夫の所得は、500万円-38万円=462万円という計算になります。
税金は、462万円の1割になるので46.2万円になり、配偶者控除が適用されない場合より
「3.8万円お得」になります。

配偶者特別控除とは?

 配偶者の年収が103万円を超えた場合、141万円未満(所得金額38万円~76万円未満)
まで段階的に配偶者特別控除が受けられます。しかし、141万円以上になると配偶者特別控除
はなくなり、141万円の壁とも言われています。

配偶者控除の見直し

今回の税制改正大綱ではこの配偶者特別控除の仕組みが拡充される形で改正が進められ、これまでの満額の控除が適用される上限だった配偶者の年収が103万円が150万円に変更されました。また段階的に控除の金額が減額され最終的に控除が受けられなくなる配偶者の年収が141万円から201万円に変更されました。

配偶者控除は所得税だけでなく、社会保険料の年収130万円と106万円の壁があります。
所属性の税制上の要件に該当する扶養と社会保険の要件に該当する扶養は別の話になります。

社会保険 年収130万円の壁

年収が130万円を超えると、パートであったとしても社会保険に加入しなければならなりません。
社会保険に加入することによって社会保険料の支払いが発生します。結果として扶養に入っている夫のところから外れなければならなくなります。
当然年収は増えるのに社会保険料負担が増えますから、家計の全体の手取りが減ってしまいます。
ここが130万円未満であれば、国民年金の扱いは第3号被保険者で簡単に言えば扶養の範囲になるわけです。社会保険上も保険料負担なしで将来年金を受取ることができるのです。

社会保険 年収106万円の壁

2016年10月より年収130万円の壁が下がって、106万円の壁となるケースがでてきました。
社会保険の加入要件は週の労働時間で決まっています。これが法改正により単純に週の労働時間だけでなく、106万円という年収についても加入要件に追加されます。
106万円は妻本人が社会保険に加入するための条件が変更されて、年収106万円超になると妻自身が社会保険に加入しなければなりません。
106万円の壁の要件は以下のようになります。

1.勤務時間が週20時間以上
2.1ケ月の賃金が8,8万円以上(年収に換算すると106万円)
3.勤務時間が1年以上見込まれること
4.勤務先の従業員が501人以上であること

従業員が501人以上であることから、比較的大きな企業に勤務している人が対象となります。

配偶者控除改正150万円はいつから?

国会で法案が通過したことで、年収103万円から150万円への引き上げはほぼ決まったかたちになりました。しかし実際には社会保険料のことを考えると、130万円の壁のことも考えて働き方を考えることになるでしょう。実際には130万円の壁がより意識されるようになるでしょう。
社会保険料の負担は承知で手取りが増えることが実感できる水準になればもっと働く時間を増やす人は増えるかもしれません。

まとめ

今回の配偶者控除の見直しで所得税の負担を軽減できるよう、今後の働き方を改めて考えるいい機会になるかと思いますが、税制上有利とはいえ仕事に回せる時間が増えるかというと子供や家族の状況などありさまざまです。自分の家族にあった無理のない範囲で働き方を考えて、この配偶者控除を活用するといいでしょう。

Copyright © 2017 市ヶ谷のコワーキングスペース|WAVE市ヶ谷 All Rights Reserved.